« もう、だからぁ・・・。 | トップページ | 謎が深まりましたねぇ。 »

2011年5月 4日 (水)

「めろん。」

雨が雪に変りまして・・・sweat02

クリスマスイヴでもあるまいし・・・って感じで。

いや、寒いゴールデンウィークですわsweat01

5月になってから雪が降るってゆーことは、いーや☆地方、まま、あることなんで、珍しくはないんですが、

それにしても・・・ね。

息子1号Tは剣道の、息子2号Pは野球の、それぞれ遠征で留守。

旦那ちゃんはPの方の応援に出かけ、

本日、わたくし、いーや☆、まるまる丸っと、自由人でございます!

あー、いや、普段から、好き勝手させてもらってますけどねcoldsweats01

今日で、溜まったTV番組、全部制覇!の予定でーーーす♪

っふっふっふ、物凄い勢いで見ちゃお♪書いちゃおーsign01

clip若冲ミラクルワールド 第3回

千年先を見つめた絵師 ~ボーダレスJAKUCHU~

おー!

いきなりL.A.の街に屏風を?!

街の人たちの反応はすこぶるGood~☆

『鳥獣花木図屏風』

この屏風の謎。

たくさんの動物、文様、技法、光のマジック・・・・。

そして若冲の言葉。

「千載具眼の徒を竢つ」

見る目を持つ人を千年待つ。

もう、これだけキーワードが並べられたら、謎解き、しない訳には行かないでしょう?

さっそく、罠にはまりましたね。

では、大野君、今日もお願いしま~す(^O^)/

「っゆぅ~♪」(←大野君が発するふすまを開ける音♪)

擬音♪大好きっ!

「ぅわぉ。うわぁ~・・・デっカっ!来たねぇ~。」

ここで、画面に“ナビゲーター大野智”の文字が・・・。

名前が画面に出るだけで嬉しいのって、何なんでしょーね(*^。^*)

あー、大好きな右斜め45度のこっちを見てないお顔heart04

しばし、止めて堪能・・・heart01

「いや、これは、新しーっすよね。」

あー、ダメだ。

本日もすこぶるグッドルッキングな大野君。

顔が素敵過ぎる・・・typhoon

「あーでも鶏はいるんだよ。」

低音Voice最高~!

「動植綵絵とはなんか、また別もンですね、これ。この、・・・四角いマスみたいなのが、なんか、現れましたね。今まで、こんな、無かったんだけどな。こっ、これなんだ!?四角の中にまたなんか四角が描いてあるも。細かけぇ。どこなんだろ?これ?・・・海外か!?」

「海外か!?」の声がまた、これが、どうにも・・・heart01

「だって、ゾウとかいるしね。虎もいるし。やーでも、色んな動物たちがいるな~。日本の絵師なのに、なんか、に、・・・日本ぽくないんですよね。あ~、また、あ、やられた感じだな。悩まさせるぜっ。なんだこれ。へっへっ。いや、不っ思議な絵だね、ほんとに。」

ほんとにね(*^_^*)

私は、そんなあなたに悩まされるぜっ(笑)。

「何故、若冲は、こんな不思議な絵を描いたのでしょうか。そして、そこにはどんな狙いが隠されているのか。まずは、この絵の持ち主を訪ねて海を渡りましょう。」

凄いです。

世界一の若冲コレクター、ジョー・プライスさん。

ここは、プロローグでも拝見させていただきましたが、凄いおうちですよね。

素晴らしい\(^o^)/

確かに異色ですよね。

当時の日本人が描いたとは思えないです。

桝目描き。

八万六千個のマス目に描かれているそーです。

L.A.の街中にレプリカを設置。

街ゆく人々の反応を見るンですね?

なかなか斬新なことをしますね♪

これが、大絶賛!

凄いな~。

年配の方から若い人たちまで、たくさんのオーディエンスの注目の的となっています。

虎も可愛く描いていますよね。

ラッコがキュート過ぎるhappy02

架空の動物も混ざっているんですね!?

わーい、1個1個確認して行くのが、凄く、楽しい♪

うわぁ、丹頂鶴もいる(・o・)

嬉しいな(*^_^*)

麒麟、獏、犀。

そして、海馬。

これ、セイウチらしーんですが、

セイウチは海象だと思いきや、海馬とも言われていたんですね。

海馬の存在は知っていたものの、映像が得られなかった若冲。

それをも表現しようとして生れた若冲の海馬。

可愛いですよね。

鳥獣花木図屏風の文様を辿ると、辿り着いたところは、なんと17世紀のペルシャ。

十字・花文様絨毯の模様とそっくりでした。

絨毯に編まれている花や草木は楽園の象徴。

その楽園を囲むこの文様を、屏風にあしらったのですねっ。

「はぁ~、なるほどね。これ、楽園なんすね。これ全部。だから、なんでもいるんだ。それにしても、相当、相当、いますよね。猿でしょ?いち、これとらだよね?にぃ、うさぎ。」

ふふっ、1個1個確認しながら数えて行く大野君です。

「29、30、31、32、33、34・・・・・・・。あれ?いま、いくつだっけ!?50いくつだっけ?52?」

分かんなくなってる大野君。

頭をポリポリ・・・可愛いheart01

「まぁ、いっぱいいるってことですよぉ。」

出た、テキトー男(笑)。

スタッフの笑い声も聞こえます。

「ふふふっ。おら、ここなんていっぱいいるも。かぞえられないわ!」

そーだね(*^_^*)

「細かっ!これ。」

あ、ごまかした・・・smile

「うわっ、凄いな~。やっぱ、若冲しかできないですよ。だって、こんな、おん、おんなじことボクできないですもん。あ!ここっ、これもいるんだっ!分かんなかったっ。はっ。これ分かった。これ、めろんっぽくないですか。ふっふっふ、うまそーだも。めろん。

最後の、「めろん。」・・・ってゆーささやきが、もー、もー、もー・・・heart01

でも、メロンはあんな木の上にならないのでは?

まー、大野君がメロンってゆーなら、メロンで!(笑)

「どうぶつ以外にも、この、み、実がいっぱいあるんだよな。それが、何か、南国っぽいんだよな。そうとう、・・斬新だよな、これ、ぜったい。いまの、だって、僕らが見ても、今の絵って感じしますも。あーと。いまの、・・・・・アートってかんじするも。でも、当時の人たちこれ見た時、・・・・・どぉおもったんだろーなぁ・・・。」

木の実とかがたくさんあるのは、やはり、食べ物も豊富な楽園ってことなんじゃないでしょーかね。

「日本に生息しない動物まで描いた若冲。でも、動物だけではありません。次の作品も↗、国際派ならではの傑作です。そして、そこには、若冲の意外な一面が隠されています。」

くぅ~、いい男だわいheart01

さて、今度は障壁画です。

花丸図。

これは、素敵ですshine

和室を作るなら、是非、このアイディア、頂きたいです!

素晴らしい\(^o^)/

ここにも外国の花。

若冲は、相当モダンな方だったのですね。

切枝画とゆーんだそーです。

植えられた形ではなく、切った形で描く方法だそーです。

勉強になります。

伊藤若冲さんって、ほんとに、どういう人なんだろ?

芸術家としてでなく、人間として、男性として、どんな人だったのか・・・。

絵以外に興味を持たない、根暗・・・?

いえいえ、それだけじゃなかったんですね。

いつの時代にも悪い奴はいるもので、

その悪巧みに、正当法で立ち向かうこと、3年間。

お金にものを言わせて市場を閉鎖させ市場を独占しようとした悪い奴に、

3年かけて周辺の村を周り、署名を集め、対抗し、市場の再開にこぎつけたんですね。

しかも、悪党の、お金による交渉を断って。

男らしいじゃありませんか!

正義の味方、ヒーローですよね。

ただ、ひとつ残念なのは、生涯、奥さんが居なかったこと。

こんなに絵が上手で、男義のある人、周りが放っておかなかったと思うんですけどね。

ここは・・・・、やはり謎のまま・・・なんですかね?

それに、プルシアンブルーなんて、素敵な色をいち早く、取り入れちゃうほど最先端な方ですよ?

・・・・あ、そっか。

若冲さんって、理想が高かったのかも?

そういう若冲さんの頭脳や感覚に叶う女性が居なかったのかも?・・・ですね。

若冲さんの心を動かす聡明な女性が、近くに居なかったのかもしれません。

pencil大野智×山下裕二(美術史家)

「若冲は、この、この新しい物を、吸収して進化させる?」

「うん。」

「若冲のその凄さってゆーのは、一体、どっから来るのかとゆーか。」

「うん。」

「なんなんですかね?」

「うん、まー、あの、色んなものをとりこんでますよねぇ。それはね、彼は、あーその。ほぼ独学に近い人だから。」

「はい。」

「あの、流派とか。」

「うん。」

「えー・・・、こう、まぁ、あー、当時の約束事とかに。」

「うん。」

「縛られることなく。」

「あー。」

「何でも自分の表現のためにどん欲に取り入れることが出来た人なんですよね。」

「ほーほー。おー。」

「自分が納得できるまで・・・、それを吸収して。」

「吸収して。」

「しかもそれを、何ていうのかなぁ、自分のものとして昇華させていく、みたいな。」

「あー、・・・。」

「そういう感じですよね。」

「日本の画家(笑)じゃないですか。なんでこの海外の、情報とゆーか、どっからその情報を仕入れて来たんですか?」

「もちろんね、基本的には長崎経由な訳ですよ。長崎だけが貿易港として、まぁ、オランダとの通商の場だったわけね。」

「はい。」

「入口は、うんと狭かったわけですけども、その小さな窓口を通じて入ってくる情報を・・・。」

「情報を?若冲なりに、・・・。」

言葉じゃなくて、こう、ね。

芸術家同志は、これでつうじるんでしょーねぇ。

山下さんが羨ましいわ~。

「そう、だから、情報が少ないが故に、返ってその情報に対するなんていうのかな、こう、渇望感みたいな。」

「あぁ。逆に色んなイメージが湧いてきて。」

くぅ~、ここの大野君、超綺麗。

マジ美人shine

しばし、止めてみましょうか(*^。^*)

ほんとに綺麗だよな~。

美術番組に相応しい美しさです。

「ほら、今の時代みたいに、インターネットで瞬時に世界中の事何でも分かる、画像で観られるって言うようなだと、返って、なんというかな、ありがたみがないっていうか。」

「まぁ、それで終わってしまいますもんね。」

「あー、そー、なのね。」

「ねっ、ってゆー。(笑)

あ・・・、この笑顔heart01

うわぁ~。

めちゃめちゃスウィ~トheart04

しかも、なんだか、気品があってshine

王子様の微笑みだわ~。

カッコイイィィィィ~heart04

素敵な笑顔をありがとう\(^o^)/

幸せだ、私・・・。

「そんな感じじゃなくてね、ほんとに乏しい情報であるが故に、かえってそれが、こう、沁みるというかね。そんな感覚だったと思います。当時の人にとってはね。」

「うーーーん、…なるほど。いや~、でも、ちょっと、こんなね、あたまんなか一体何が見えてるのかが。」

「んー、当時ね、これほんとに、ぶっ飛んだ、表現だからね。なかなかそう簡単には、理解されなかったかもしれないんですね。」

「あっ、逆に、その。あ、確かに。」

「だけど、若冲はね、きっと、遠い将来にね、あの、自分のその絵がね、理解される日が来るはずだ、みたいなね。」

「あー。」

「そういう言葉をのこしてるんですよ。」

ここで、山下さんと共に白いお部屋へ。

ふすまを開ける大野君。

「うぉっ。あった!」

「ははは。掛け軸になってますね。」

「ありました。先生これ一体なんて読むンですか?」

「はい。千載具眼の徒を竢つ(せんざいぐがんのとをまつ)と読みますね。」

「せんざい・・・。」

明らかに、今宵も、ひらがな語を話す大野君(*^_^*)

「千載っていうのは、まぁ、千年っていう意味ですね。」

せんねん。ぐがん?

「具眼っていうのは良く見える人・・とでもいうのかな?」

「ほー。わかるひと。

「良く解かる人。いい眼の人。要するに自分の絵を本当によく解かる人が、あのぉ、千年後に出てくるだろうと。」

嬉しそうに説明して大野君を見る山下先生。

「彼が描いた当時からね、やっぱり、若冲の絵っていうのは、ちゃんと評価はされてたんですよ。」

されてたんですよね。

「もちろんね。だけどね、この千年後に彼の絵が分かるだろうっていうのは、彼の自信の表れでもありますよね。」

あーなるほど・・・。

「なまじ、新しいことなんか目指してない訳ですよ。」

あー、はい・・。

「あの、ちょっと新しいことをやってみようなんていう、作ったものは、すぐ古くなっちゃうのよね。」

そーですねぇ。

「だけど若冲の絵はね、100年経とうが、1000年経とうがね、別に、いつの時代のものとか関係なく、今、ここにあるものとしてね。」

「カッコイイなぁ~。(笑)

「ふっふふふ。」

ここで大野君、山下さんに何か進められたのでしょうか?

あなたもそんな絵描いてみませんか?的な?

「どぉ?」

「やーやーやー。」

恐縮する大野君。

へへっ、可愛いな(*^_^*)

さて、ここで、またまた、アメリカの

屏風の持ち主、プライスさんのお宅。

この方、おうちのお風呂にね、

屏風の絵をタイル画にしちゃってるんですよ。

素晴らしいですねshine

超贅沢。

さて今度は、桝目描きの謎を解くための、手掛かり。

紙織画。

これはプロローグでも拝見させて頂きましたが、大変興味をそそられます。

わたくし、細かい作業が大好きなんですよね♪

桝目の中に更に桝目を描くことで、紙織画のような立体感が生れる・・・。

とりわけ鶏の鶏冠部分は圧巻ですよね。

本当に素晴らしい。

しかも、光が当たると色が変る??

黒の上に黒の漆を塗り、光の加減で違う色に見せる。

「千年先の人々は若冲の作品にどんな美を見いだすのでしょうか。まだまだ、私たちの知らない美が隠されているのかも、しれません。さて!次回はいよいよ最終回。これまでとは打って変わって、究極の黒の世界に迫ります。その美の秘密を解くため、若冲の生れ育った街、京都に行くぜっ!」

・・・「行くぜっ!」って!

カッコイイ~heart04

でも、ちょっと怪物くん入ってませんかぁ?

ふふふっ。

次回も楽しみですね♪

|

« もう、だからぁ・・・。 | トップページ | 謎が深まりましたねぇ。 »

コメント

いーや☆さん こんにちはhappy01

仕事終わったよ〜

ニュースで雪が降ったと聞いて、そろそろ桜が咲くかしらと思っていたので、びっくりしました。

NHKらしからぬ?大野くんの自由なコメントが飾らなくていい番組でしたねnote
最終回も楽しみにしてま〜すheart04

投稿: コーラル | 2011年5月 5日 (木) 11時57分

★コーラルさん★

こんばんは~happy01
ゴールデンウィークのお仕事お疲れさまでしたぁ(^O^)/
私の職場も部署によってはお仕事の人もいるンですけど、
2年前に別棟の部署になってからは、私もゆっくり休ませて貰ってま~すnote
ふっふっふ、ね?「すっげぇ~!」とか「うわぁ~!」とかね♪
思ったまんまの言葉で目をキラキラさせて作品に見入る大野君heart04
とっても素敵ですよねshineこれは、永久保存版だわっheart01

投稿: いーや☆→コーラルさん | 2011年5月 5日 (木) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1383521/39859323

この記事へのトラックバック一覧です: 「めろん。」:

« もう、だからぁ・・・。 | トップページ | 謎が深まりましたねぇ。 »